ラジオ番組「企業の遺伝⼦」 2019.12.30

ラジオ「企業の遺伝子」Vol.248放送スタート(ゲスト:丸善雄松堂株式会社 矢野正也氏・第3週目)

当社代表 武田隆がパーソナリティを務めるFMラジオプログラム「企業の遺伝子」、丸善雄松堂株式会社 矢野正也氏をゲストにお迎えした第3週目の放送がスタートしました。

今回は、矢野社長のキャリアについて伺いました。

矢野さんは大学卒業後、1987年に丸善株式会社に入社。図書館サービス事業部長などを経て、2019年4月に社長に就任されました。聞きなれない図書館サービス事業部とは、どんなお仕事なのでしょうか?

実は同社では、これまで250館を超える図書館運営の実績を積んできました。その現場は大学・公共・学校図書館、専門機関の図書室や研究室にまで及びます。高度な専門性を有する人材を配置することで業務を効率化し、経営資源を有効に活用すると同時に、サービスの拡充と利用者満足の向上を果たすことを目的にしています。

例えば大学図書館の場合、授業だけではなく、学生が自ら学び、成長していくための環境づくりとして図書館を整備することが近年、注目を集めています。大学を取り巻く環境を日々キャッチアップしながら、大学図書館における新しい学習環境の構築やサービスの提供をアウトソーシングという形で支援しています。

知花さんから「矢野さんのキャリアの中で特に印象に残ってることは?」と聞かれ、「E&L開発部を立ち上げたこと」と答えた矢野さん。「E」はEducation、「L」はLearning。この名称は矢野さんが考えたそうですが、この言葉にはどのような想いが込められているのでしょうか?

 

■矢野正也(やの・まさや)さん
丸善雄松堂株式会社 代表取締役社長(丸善CHIホールディングス株式会社 取締役) 
1963年生まれ。岩手県出身。東北学院大学を卒業後、1987年に丸善株式会社(現・丸善雄松堂株式会社)書籍雑誌事業部入社。情報図書館システム営業部を経て2005年に教育・学術事業本部E&L(Education & Learning)開発部部長。高等教育における教育、研究事業に加えて、利用者視点に立った新しい学習環境デザインの事業を開発。その後、2012年、図書館サービス事業部長(現・アカデミック・プロセス・ソリューション)、常務執行役員を経て現在に至る。同社は2019年に150周年を迎える。


「企業の遺伝子」は、当社代表 武田隆と知花くららさんが、さまざまな企業のキーパーソンをお招きし、お話を伺うことで、企業の遺伝子を探るFMラジオプログラムです。

音声コンテンツは、JFN公式スマートフォンアプリ「JFN PARK」、JFN公式サイトでお聴きいただけます。
お使いのアプリストアからダウンロードの上、お楽しみください。

▶ポッドキャストはこちら
▶放送局、放送時間はこちら