HISTORY

沿革

  1. 1996.6

    「エイベック研究所」1996年6月23日創業

    当時大学生だった武田他4名が始めた文献購読会から発展させ、科学と芸術をまたぐ学際的研究から理想のインターネットの姿を追求し、それを作品として具現化するべく、「エイベック研究所」を代官山に創業。Webサイトを通じて企業と顧客の双方向の関係構築を支援する活動を開始。その後、松竹、日本IBM、トリンプなど累積130社のWebサイトを構築。

    Avec Digital Freedom Real Extension

    主な受賞・実績

    • アサヒビール就職採用サイト「GARDEN ASAHI」 採用希望者それぞれの行動履歴に合わせ、One To One で情報配信される 機能など当時の先端的な技術を搭載。採用サイト人気ランキング食品部門第1位を獲得(ダイヤモンドビッグ社採用調査)。
    • 株式会社電通との共同プロジェクト「Mail&Chat(通称メルチャ)」 98年よりコミュニティマーケティングを標榜し、インターネット 視聴率調査 『Japan Access Rating』コミュニティ・女性専門系部門、3年連続1位を獲得。
  2. 1996.6

    京都瓜生山に新設されたRCMA(メディア美学研究センター)に参画

    京都瓜生山に新設された「メディア美学研究センター」にて、日本の伝統芸術を最新のマルチメディア技術を使って復元させる「デジタル・ジャパネスク・プロジェクト」に参画。三枚綴りの浮世絵や平安時代から伝わる古代色などを現代に甦らせる。

  3. 1998.4

    「Beach」プロジェクト始動

    インターネットの双方向性を最大限に活かし、人類未踏のコミュニケーション・メディアを日本から世界に提案することを目標に、オンライン・コミュニティモール「Beach1.0」の設計を開始。2000年4月にプロトタイプ完成。その後、バージョンアップを繰り返し、2015年11月に「Beach2.0」をリリース。

    Beach
  4. 2000.4

    「株式会社エイベック研究所」を設立

    研究活動の事業化を図り、株式会社化。資本金は1000万円。ベンチャーキャピタルのサンブリッジ社が渋谷マークシティに新設した「Venture Habitat」にオフィスを移転。

    Avec Lab.
  5. 2003.12

    事務所移転

    サンブリッジ社の移転に伴い、本社オフィスを恵比寿ビジネスタワーに移転。

  6. 2005.2

    事務所移転

    事業拡大に伴い、本社オフィスを虎ノ門オランダヒルズに移転。

  7. 2007.12

    企業ウェブ・グランプリを受賞

    「QON(旧:サークルモールシステム)」を利用した消費者コミュニティ、花王株式会社「GO GO pika☆pika MAMA」が、企業ウェブ・グランプリにおいてマーケティング、キャンペーン&インタラクション部門第2位を受賞。

  8. 2010.8

    ソーシャルメディア構築市場における日本のトップシェアに

    矢野経済研究所による消費者コミュニティ(スポンサードソーシャルメディア)市場調査において、2010年企業運営型BtoCコミュニティサイト構築における日本のトップシェアと報告。現在までの導入企業数は約300社(東証一部上場BtoC企業の売上TOP100社の37%)。

  9. 2011.7

    『ソーシャルメディア進化論』(武田隆著/ダイヤモンド社刊)を上梓

    12年の歳月(当時)をかけて確立させたインターネットが実現する「心あたたまる関係」と「収益化」を両立するマーケティング手法を初公開。松岡正剛氏による千夜千冊(http://1000ya.isis.ne.jp/1496.html)にも取り上げられ、第6刷のロングセラーに。

    ソーシャルメディア進化論
  10. 2011.7

    ダイヤモンド・オンライン「経営×ソーシャル」にて連載開始

    産学各界の最前線で活躍するキーパーソンをお迎えし、ソーシャルメディアによって変化する社会の今と未来について考察する連載「ソーシャルメディア進化論」をダイヤモンド・オンライン(http://diamond.jp/list/sp-social)にて開始。2016年6月までに26人が出演。出演者/武邑光裕(メディア美学者)/佐々木俊尚(フリージャーナリスト)/宮台真司(社会学者)/岩井克人(経済学者)/平田オリザ(劇作家)/公文俊平(情報社会学者)/梅田望夫(『ウェブ進化論』著者)/松岡正剛(編集工学研究所所長)/松田修一 (ベンチャー経営学者)/石倉洋子(グローバル戦略学者)/國領二郎(経営情報学者)/西垣通(基礎情報学者)/吉田純(社会学者)他

  11. 2012.10

    JFN系列ラジオ番組「企業の遺伝子」放送開始

    CSR活動「企業の遺伝子」プロジェクトの一環として、ラジオ番組「企業の遺伝子(旧:マーケの達人)」の放送を開始。全国に546万社以上あるとされる日本の企業、各社のキーマンをお招きし、時代を超えて生き続ける企業のDNAを探る。番組のパーソナリティを代表武田が担当。ナビゲーターは春香クリスティーン。全国22局で放送中。 2016年6月までに44社を紹介。

    企業の遺伝子
  12. 2013.1

    広報誌『Q・O・N(Quality Of Network)』を創刊

    「つながる時代」の多様な実際と可能性を綴る、クオン株式会社の事業紹介を兼ねた広報誌。大手企業の経営者をはじめ、マーケティング、コミュニケーション、組織・人材領域の責任者の方々を中心に、毎号7000部を配布。2016年6月までに7号を発刊。

    Q・O・N
  13. 2013.10

    「CDM(コミュニティ・データマイニング)」のサービス提供を開始

    消費者コミュニティに蓄積される膨大な量の活動データを科学的に分析することによって、ファン化のメカニズムを解明するデータマイニング手法を開発。特許取得。

  14. 2015.1

    研究論文「消費者コミュニティとコ・クリエーション」発表

    日本マーケティング学会誌『マーケティングジャーナル』に、研究論文「消費者コミュニティとコ・クリエーション」が掲載。

  15. 2015.5

    ベルリン支局設立

    国際展開の一歩を踏むべく、Googleがベルリンに開設したIncubation Office「Factory」に支局を開設。支局長にはメディア美学者武邑光裕が就任。

  16. 2015.7

    大阪支局設立

    関西を拠点とするクライアントの増加に伴い、大阪の堂島アクシスビルに支局を開設。

  17. 2015.7

    「Beach」ユーザー数100万人を突破

    コミュニティモール「Beach」を通して、企業との共創(コ・クリエーション)を経験した消費者が100万人を超える。

    ありがとう!100万人!
  18. 2015.9

    「AAA(育成型自動学習広告)」のサービス提供を開始

    購買に影響を与えた“事実”のある発言を、それに影響を受けた“事実”を持つ顧客属性に拡散させ、売上とファンベースを同時に拡張する育成型自動学習広告システムを開発。特許取得。

    AUTO-LEARNING AUGMENTATION AD-CYCLE
  19. 2016.2

    「UGPL(集合知共創型活性メソッド)」のサービス提供を開始

    消費者コミュニティ内で参加者に集合知を共創させ、編集してコミュニティへと戻す活性メソッドを開発。特許取得。

  20. 2016.6

    クオン株式会社に社名変更

    研究所としての役割を終え、創業20周年を機に、社名を「クオン株式会社」に変更。CIリニューアルを実施。

  21. 2016.6

    QON DAY 2016 開催 第1部 ザ・ガーデンホール/第2部 ウェスティンホテル東京

    ソーシャルメディアマーケティングの実体験で得た知見を広くシェアし、ノウハウを共有するイベントQON DAY《オープンハウス・セミナー&スポンサーズ・ミーティング》(旧 Avec DAY)を主催。

    1. 2008.12.4Avec DAY 2008 於 ウェスティンホテル東京
    2. 2009.6.18Avec DAY 2009 SUMMER 於 ウェスティンホテル東京
    3. 2009.12.3Avec DAY 2009 WINTER 於 ウェスティンホテル東京
    4. 2010.10.1Avec DAY 2010 於 マンダリンオリエンタルホテル東京
  22. 2017.1

    事務所移転

    事業拡大に伴い、本社オフィスをFreund三田に移転。