ORGANIZATION

経営陣

  • 武田 隆

    代表取締役 兼
    最高経営責任者
    武田 隆(TAKEDA Takashi)

    日本大学芸術学部にてメディア美学者武邑光裕に師事。1996年、クオン株式会社の前身となるエイベック研究所を起業。クライアント企業各社との数年に及ぶ共同実験を経て、ソーシャルメディアをマーケティングに活用する「消費者コミュニティ」の理論と手法を開発。その中核には「心あたたまる関係と経済効果の融合」がある。システムの完成に合わせ、2000年、株式会社化。その後、自らの足で2500社の企業を回る。花王、カゴメ、ベネッセなど業界トップの会社から評価を得て、累計100社の消費者コミュニティを運営。ソーシャルメディア構築市場トップシェア(矢野経済研究所調べ)となる。2015年、ベルリン支局、大阪支局開設。著書『ソーシャルメディア進化論』は松岡正剛の日本最大級の書評サイト「千夜千冊」にも取り上げられ、ロングセラーに。JFN(FM)系列ラジオ番組「企業の遺伝子」の司会進行役を務める。1974年生まれ。海浜幕張出身。

  • 八木 優希

    取締役 兼
    最高執行責任者
    八木 優希(YAGI Yuuki)

    一橋大学大学院法学研究科卒業。2013年入社。消費者コミュニティの構築・運用に関するコンサルティング業務を経た後、コミュニティデータの分析業務に従事。コミュニティデータからファン化のプロセスを解明する「CDM(コミュニティ・データマイニング)」や、コミュニティ設計のタイプを診断する「CA(コミュニティアセスメント)」等のデータサイエンスソリューションの開発に携わり、2016年にはデータサイエンスソリューションを扱う部署の立ち上げに参画。2018年、取締役就任。

  • 博多 美保

    取締役 兼
    最高財務責任者
    博多 美保(HAKATA Miho)

    立教大学経済学部卒業後、野村インベスター・リレーションズ株式会社にて「アイアール・マガジン」「知って得する株主優待」編集長として、上場企業約300社の社長取材記事を執筆。個人投資家と上場企業のコミュニケーションや株主優待について日経新聞ほか各種メディアに寄稿を行う。その後、グリー株式会社にてIR、経営企画業務に従事し、2013年米国Institutional Investor Best IR Professionals Software/Entertainment1位に選出。2014年からは株式会社サイダスに取締役CFOとして参画し、経理財務、労務人事などコーポレート業務全般を担当。2018年、取締役就任。

  • 高橋 育子

    取締役 兼
    最高クリエイティブ責任者
    高橋 育子(TAKAHASHI Ikuko)

    創業メンバー。Web制作事業の責任者として日本IBM、EPSONなど累積130社のWebサイトを構築。企画デザインを担当したアサヒビール就職採用サイト「GARDEN ASAHI」が、ダイヤモンド・ビッグ社主催「採用広報調査2000」において採用ホームページ人気ランキング食品部門1位を獲得。2000年の株式会社化に伴い、取締役就任。消費者コミュニティのインターフェイス設計、活性のための運営管理を担う部署を新設、指揮をとる。企業向けマーケティングソリューションの提供開始に合わせ、クライアント各社とリレーションシップをはかる部署を新設、責任者となる。その後、産休育休中は家庭に専念し、2014年より現場復帰。現在はデザイン思考の経営に力を入れ、全社の成長を支える。

  • 瀧本 哲史

    社外取締役瀧本 哲史(TAKIMOTO Tetsufumi)

    京都大学産官学連携本部寄附研究部門イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。東京大学法学部卒業。東京大学大学院法学政治学研究科助手を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。主にエレクトロニクス業界のコンサルティングに従事し、国内外の半導体、通信、エレクトロニクスメーカーの新規事業立ち上げ、投資プログラムの策定を行う。独立後は、企業再生やエンジェル投資家として活動しながら、京都大学で教育、研究、産官学連携活動を行っている。全日本ディベート連盟代表理事、全国教室ディベート連盟常任理事なども務める。著書に『僕は君たちに武器を配りたい』(講談社)などがある。

  • アレンマイナー

    社外取締役アレン マイナー(ALLEN Miner)

    株式会社サンブリッジコーポレーション代表取締役会長 兼 サンブリッジグループCEO。日本オラクルの初代代表に就任し、日本オラクル社の急成長の礎を築きあげる。1999年に設立したサンブリッジの代表取締役として、数多くのベンチャー企業への投資に加え、株式会社セールスフォース・ドットコムをはじめとする海外クラウドベンダーの日本におけるジョイントベンチャーの設立にも携わる。2011年、初期段階からグローバルを視野に入れるベンチャー企業を支援する「グローバルベンチャーハビタット」を立ち上げる。著書に『わたし、日本に賭けてます。』(翔泳社)がある。

  • 岡橋 寛明

    社外取締役岡橋 寛明(OKAHASHI Hiroaki)

    みやこキャピタル株式会社代表取締役パートナー。東京大学経済学部卒業。コロンビア大学経営学修士課程(MBA)修了。経済産業省にてVCファンドなど未公開企業投資ファンドの根拠法となった「投資事業有限責任組合契約に関する法律」(投資事業有限責任組合法)及び関連金融法制・税制・会社法制の改定を主導するなどベンチャー企業振興、産学連携施策等に従事。複数のベンチャー企業経営を経て、三井住友海上キャピタル株式会社にて国内外におけるベンチャー企業の投資開発および経営支援に従事。2013年、みやこキャピタル株式会社を設立。京大ベンチャーファンドの運営等を主導し、主として産学連携を行うベンチャー企業に対する投資活動を行う。

ベルリン支局

  • 武邑 光裕

    ベルリン支局長
    海外事業準備室長
    武邑 光裕(TAKEMURA Mitsuhiro)

    メディア美学者。武邑塾主幹。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学情報デザイン科、同大メディア美学研究センター所長、東京大学大学院新領域創成科学研究科、札幌市立大学デザイン学部(メディアデザイン)で教授職を歴任。2012年よりユネスコ創造都市ネットワークに関わり、札幌国際芸術祭2014ゼネラル・プロデューサー、札幌メディア・アーツ・ラボ所長を歴任、2015年より現職。専門はメディア美学、デジタル・アーカイヴ情報学、創造産業論、ソーシャルメディアデザイン。著書『記憶のゆくたて デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。2015年よりクオン株式会社ベルリン支局長。2018年、海外事業準備室長就任。

組織図

組織図 組織図