ABOUT QON

クオン株式会社について

私たちは、前身となる「エイベック研究所」の創業(1996年)以来、一貫して、インターネットの本質である「双方向ネットワーク」について研究を続け、その成果である「ファンコミュニティ」を事業として営む、ファンコミュニティクラウド(BtoC向け専用構築サービス)市場シェアNo.1※の実績と20年の歴史を持つプロフェッショナル集団です。※2018年企業運営型ファンコミュニティクラウド専用構築サービス市場 事業者売上高ベース(株)矢野経済研究所調べ 2019年6月現在

沿革ページへ

サービス「QON(クオン)」について

私たちが提供するサービス「QON」は、100社の利用実績を有する「ファンコミュニティ」です。
「QON」は、売上の向上とイノベーションを実現するソリューションでありながら、企業と消費者とが繋がり合う広大なネットワークでもあります。このネットワークに、複数の特許技術を組み合わせた最先端のデータサイエンスと、リベラルアーツの深い知のネットワークが加わることで、企業と消費者の新しい関係構築が育まれる「ファンコミュニティ」が形成されます。
混迷した時代に新たなイノベーションを起こそうとしているネットワークの複雑で魅惑的な本質を予感しているあなたの参加をお待ちしています。

サービスページへ

海外展開について

クオン株式会社は、事業を通して「World Wide Community」を育成する目標を掲げており、世界各地にファンコミュニティを展開し、日本のクライアント各社をお連れする「JCM(Japan Community Mall)」構想を推進しています。
その一歩として、ドイツのベルリンに支局を開設(2015年5月)しました。
ヨーロッパの市民社会の成熟を目の当たりにして、福沢諭吉は「一身独立して一国独立す」と言いましたが、たしかにヨーロッパの市民たちの多くは自立しているようにみえます。
彼らの自立を支えているのは、ヨーロッパが500年以上の歳月をかけて育んだ「自由」と「コンセンサス」の精神であります。
このヨーロッパの本質を、消費者コミュニティのアーキテクチャーのなかに組み込むため、ヨーロッパのスタッフとコラボレーションしながら、個人の在り方、それらを包括する社会の在り方を学び、QONのメソッドとシステムに反映させて参ります。

ビジョンページへ

コラボレーションメソッドについて

クレドー私たちが大切にしていることー

私たちは、技術や経験を重要な要素としつつも、それらを単体として機能するものとは捉えません。コラボレーションを通して創発する成果にこそ価値が宿ると考えます。
「ファンコミュニティ」はネットワークで出来ていて、ネットワークがコラボレーションを生み出しています。コラボレーションをサービスとして提供している私たちのチームも、やはりコラボレーションによって創られています。
このメソッドは、クルーがそれぞれのプロジェクトで成果を創出するために必要な事項を7つのパターンランゲージにまとめたものです。それぞれに含まれる4つの段階は、「問題のある状況」「根底にある原因」「解決策」「訪れる理想の状況」を説明しています。コラボレーションのプロフェッショナルとして、クルーは常にこのメソッドを手帳に挟み、現場へ向かっています。

コラボレーションメソッドページへ

CSRについて

クオン株式会社は、企業と消費者、消費者と消費者、企業と企業とを双方向に結び合わせ、多様で上質なネットワーク(Quality Of Network)を育成する活動に取り組んでいます。経済市場を生きる企業市民として、ネットワークのひとつひとつを大切に育て、その息づく生命のクオリティを社会に向けて発信して参ります。

CSRページへ

コラボレーションを大切にする
「クオン株式会社」の働く環境についてご紹介します。

2.働く環境