ラジオ番組「企業の遺伝⼦」 2019.05.20

ラジオ「企業の遺伝子」Vol.216放送スタート(ゲスト:日本ハム株式会社 小村勝氏・第3週目)

当社代表 武田隆がパーソナリティを務めるFMラジオプログラム「企業の遺伝子」、日本ハム株式会社 小村勝氏をゲストにお迎えした第3週目の放送がスタートしました。

今回は、シャウエッセンの挑戦について伺いました。

シャウエッセンが誕生して今年で35年目。発売から一貫してボイルを推奨してきましたが、ついに電子レンジを解禁。さらに新フレーバー ホットチリを発売するなど、初めてづくしの戦略に打って出ます。

日本ハムのHPでは、こんな宣言文が掲載されました。
ー今はカンタン調理が求められる時代。世の中の時短ニーズをうけ、繰り返し、繰り返し、テストした結果、加熱時間の目安を定め、ついに「解禁」することになりました。しかも、レンジ調理は、脂が閉じ込められるため、濃厚でおつまみ向き。というボイルとはまた違った、おいしい発見も。「禁止」から「解禁」へ。(中略)ー

まさに手のひらを返したとも言われる大胆な方針転換。その背景には「既成概念からの脱却を図るべく大きなスローガンを掲げた」と小村さん。一皮むけたシャウエッセンの挑戦をお聞きください。

 

■小村勝(こむら・まさる)さん
1988年に日本ハム㈱入社。入社当初は店頭活動の業務に従事し、販売促進の責務を担う。その後、2015年4月に加工事業本部 営業本部 関西フードサービス部長となり、CVS、外食営業に従事し、2017年3月には、加工事業本部 営業本部 量販企画室長として、営業本部のコンシューマ商品全般の販促企画責任者として業務を推進。そして、2018年4月には加工事業本部のマーケティング推進部長に着任し、ロングセラー商品「シャウエッセン」の取組み等、加工事業本部全体のマーケティング活動を推進。2019年4月には、新市場創造部長も兼任し、現在に至る。


「企業の遺伝子」は、当社代表 武田隆と知花くららさんが、さまざまな企業のキーパーソンをお招きし、お話を伺うことで、企業の遺伝子を探るFMラジオプログラムです。

音声コンテンツは、JFN公式スマートフォンアプリ「JFN PARK」、JFN公式サイトでお聴きいただけます。
お使いのアプリストアからダウンロードの上、お楽しみください。

▶ポッドキャストはこちら
▶放送局、放送時間はこちら