ラジオ番組「企業の遺伝⼦」 2019.12.02

ラジオ「企業の遺伝子」Vol.244放送スタート(ゲスト:株式会社アシックス 尾山基氏・第3週目)

当社代表 武田隆がパーソナリティを務めるFMラジオプログラム「企業の遺伝子」、株式会社アシックス 尾山基氏をゲストにお迎えした第3週目の放送がスタートしました。

今回は、尾山会長のチャレンジについて伺いました。

アシックスは神戸に本社を構える日本企業ですが、海外の売り上げが70%以上を占めています。海外ではアシックスはどのような存在なのかといえば、パリマラソンやストックホルムマラソン、ゴールドコーストマラソンなどで出場者の30%以上がアシックスのシューズを履いているという人気っぷり。ブラジルやオーストラリアではランニングシューズのトップシェアを維持しています。

今でこそ世界中でアシックスのシューズが愛用されていますが、尾山さんが2001年にヨーロッパのCEOに就任した時にはヨーロッパ事業は赤字だったと言います。ヨーロッパ市場のオペレーションの改革と並行して、2002年にはアシックスが誕生する前のブランドである『オニツカタイガー』の復刻発売を仕掛けます。

その翌年の2003年、日本でも大ヒットを記録したある映画がヨーロッパでも公開されます。主演女優が黄色のジャンプスーツに身を包んでいた姿が印象的な映画で、その女優の足元にはオニツカタイガーのシューズが。この登場により、復刻から間もないにも関わらずオニツカタイガーの認知度が一気に広まりセンセーショナルな復活劇を遂げました。さて、その映画とは?

 

■尾山基(おやま・もとい)さん
アシックス会長CEO
1951年石川県生まれ。大阪市立大学商学部卒業後、日商岩井(現・双日)に入社。82年に株式会社アシックスに移籍後、ウォーキング事業部長、アシックスヨーロッパB.V.社長、常務取締役海外担当などを経て2008年よりアシックス社長。2017年より会長兼社長CEO(最高経営責任者)。2018年より会長CEO。
公職:世界スポーツ用品工業連盟副会長(元会長)、日本スポーツ産業学会会長など。


「企業の遺伝子」は、当社代表 武田隆と知花くららさんが、さまざまな企業のキーパーソンをお招きし、お話を伺うことで、企業の遺伝子を探るFMラジオプログラムです。

音声コンテンツは、JFN公式スマートフォンアプリ「JFN PARK」、JFN公式サイトでお聴きいただけます。
お使いのアプリストアからダウンロードの上、お楽しみください。

▶ポッドキャストはこちら
▶放送局、放送時間はこちら