ラジオ番組「企業の遺伝⼦」 2019.08.12

ラジオ「企業の遺伝子」Vol.228放送スタート(ゲスト:岩下食品株式会社 岩下和了氏・第3週目)

当社代表 武田隆がパーソナリティを務めるFMラジオプログラム「企業の遺伝子」、岩下食品株式会社 岩下和了氏をゲストにお迎えした第3週目の放送がスタートしました。

今回は、岩下社長とTwitterについて伺いました。

2000年頃には5500億円の市場規模を誇っていた漬物業界は今や3200億円まで縮小。和食離れに加え、健康志向が広がる昨今「塩分が高い」というイメージが強い漬物の購入頻度が下がっているのでは、と岩下さん。実際、漬物を購買する年齢層についてアンケート調査をしたところ7割が50歳以上という結果となり、若い世代の開拓が急務だと感じたそうです。

2000年以降はIT革命により企業だけではなく個人も気軽にネットで発信できるようになり、岩下さんも時流にのってTwitterを開始。そこには、漬物を購買するコアユーザーよりもずっと若い世代が岩下食品のことを話題にしていることを知り驚きます。広告ではなく、消費者が自発的に商品をすすめてくれている。嬉しさと御礼をしたいという気持ちから、岩下さんは投稿してくれたユーザー、一人ひとり返信していきます。その数は見る見る膨らんでいき…?

 

■岩下和了(いわした・かずのり)さん
岩下食品株式会社 代表取締役社長。
1966年、栃木市生まれ。慶応大卒。住友銀行を経て93年に、しょうが漬け、らっきょう漬けで日本一のシェアを持つ同社に入社、2004年から現職。2015年6月、岩下の新生姜に関する様々な展示やレストランを併設した「岩下の新生姜ミュージアム」を開館し館長に就任。4年で約48万人が来場し「プロが選ぶ 観光・食事・土産物施設100選」(主催:株式会社旅行新聞新社)に3年連続で選出される。趣味は音楽鑑賞、Twitter(苦笑)。2012年、レシピ集『We Love 岩下の新生姜 ツイッターから生まれたFANBOOK』(マガジンハウス)の発行に関わる。栃木県漬物工業協同組合副理事長。


「企業の遺伝子」は、当社代表 武田隆と知花くららさんが、さまざまな企業のキーパーソンをお招きし、お話を伺うことで、企業の遺伝子を探るFMラジオプログラムです。

音声コンテンツは、JFN公式スマートフォンアプリ「JFN PARK」、JFN公式サイトでお聴きいただけます。
お使いのアプリストアからダウンロードの上、お楽しみください。

▶ポッドキャストはこちら
▶放送局、放送時間はこちら