ラジオ番組「企業の遺伝⼦」 2019.04.08

ラジオ「企業の遺伝子」Vol.210放送スタート(ゲスト:キューサイ株式会社 神戸聡氏・第1週目)

当社代表 武田隆がパーソナリティを務めるFMラジオプログラム「企業の遺伝子」、キューサイ株式会社 神戸聡氏をゲストにお迎えした第1週目の放送がスタートしました。

今回は、キューサイの成り立ちについて伺いました。

キューサイといえば青汁ですが、その成り立ちは意外にも菓子の製造販売からスタートした会社でした。1965年に創業後、菓子や冷凍食品の製造受託を経て、創業者である長谷川常雄さんは事業拡大を積極的に進める一方で、体調を崩して倒れてしまいます。その時に出会ったのが医学博士である遠藤二郎先生で今やスーパーフードとして取り上げられるケールを使った青汁健康法を聞きつけます。

青汁によって健康を取り戻した長谷川さんは、これを世の中に広めるべく使命感に燃えます。遠藤先生に商品化のお願いをしたところ「二つだけ約束を守って欲しい」と言われたそうです。

一つ目は、原料のケールにきちんとこだわること。実はキューサイの青汁の原料はケール100%。他の緑黄色野菜は一切含まれていないのです。そして二つ目の約束は○○を使わないこと。この条件に知花さんは「時代的に難しかったのでは?」と驚きを隠せない様子。40年近くこの約束を守り大切にケールを育て続けているキューサイの想いに迫ります。

 

■神戸聡(かんべ・さとし)さん
キューサイ株式会社
代表取締役社長
1969年愛知県生まれ。広告代理店、化粧品会社を経て、2015年キューサイへ入社し、2017年現職に就任。就任後は青汁の原料となるケールの魅力を伝えるために東京・表参道でポップアップショップを展開するなど若年層への認知普及に力を入れる。健康寿命に注目して元気な100歳以上の100人に実態調査を行い健康長寿の秘訣は【運動・食事・交流】の3つの要素が重要であることがわかり、健康長寿の秘訣に関わることを様々なスタイルで提案する『100歳まで楽しく歩こうプロジェクト』を始動。足腰強化を目的にした体操の開発提案や地域密着型ウォーキングイベントなどに取り組んでいる。


「企業の遺伝子」は、当社代表 武田隆と知花くららさんが、さまざまな企業のキーパーソンをお招きし、お話を伺うことで、企業の遺伝子を探るFMラジオプログラムです。

音声コンテンツは、JFN公式スマートフォンアプリ「JFN PARK」、JFN公式サイトでお聴きいただけます。
お使いのアプリストアからダウンロードの上、お楽しみください。

▶ポッドキャストはこちら
▶放送局、放送時間はこちら