連載企画「経営×ソーシャル」 2018.09.18

ダイヤモンド・オンライン連載「企業の遺伝子」 第14回公開(ゲスト:オリックス)

ダイヤモンド・オンライン新連載「企業の遺伝子」 第14回
オリックスは「隣へ、そのまた隣へ」の精神でリースの導入から事業の多角化を成功してきた【オリックスのキーパーソンに、クオン代表が聞く】

ダイヤモンド・オンラインで公開中の「企業の遺伝子」は、当社代表 武田隆がパーソナリティを務める同名ラジオ番組の内容を連載化したもので、注目企業に宿る彩り豊かな遺伝子のストーリーを、各社のキーパーソンたちが語り尽くす企画です。

第14回のゲスト企業は、オリックス株式会社です。

新しい金融手法の「リース」を日本に導入して以降、常に隣接分野に事業領域を拡大してきたオリックス。どこまでも終わりなく、時代の先を走り続ける同社の“DNA”とは――。オリックス株式会社 執行役兼グループ人事・総務本部長の三上康章氏に、当社代表 武田が同社の“遺伝子”を聞きました。

 

■三上康章(みかみ・やすあき)

 1968年生まれ。1990年オリックス株式会社に新卒で入社。大阪・東京で法人営業、財務部門で資金計画策定、事業投資部門で企業買収などに携わった後、米国現地法人の財務責任者として赴任。帰国後、宮内義彦代表執行役会長兼グループCEO(当時)の秘書役として会社創立50周年やCEO交代などの節目を経験。2017年より執行役兼グループ人事・総務本部長兼職場改革プロジェクト推進担当。2018年より取締役会事務局長を兼務。

 

 

 

▶詳細はこちら

「ダイヤモンド・オンライン」は、ダイヤモンド社が提供するビジネス情報サイトで、ビジネスパーソンの知りたい「今」がわかるウェブマガジンです。